免許の種類

1級小型船舶免許

2級小型船舶免許

特殊小型船舶免許

必要書類

受験・受講の申込

 

2級小型船舶免許

2級小型船舶免許は、これまでの最もポピュラーでした旧4級小型船舶免許にあたり、
また、自動車免許の普通免許にあたる資格で、ボート・ヨット・釣りやウェイクなどのトーイングで楽しみたい方におすすめな免許のコースです。
乗れる船の大きさは、総トン数20トン未満の船舶ですが、プレジャーボートであればトン数に関わらず長さ24m未満まで操縦することが可能で、海岸から5海里(約9km)
以内の水域及び平水区域を航行できる免許です。

各種コースの流れ

2級船舶免許レギュラーコース(3日間)

学科講習(1日)→ 実技講習(1日)→国家試験(午前学科、午後実技の1日)→

合格・免許取得!!

(一般科目)

2級小型船舶免許

学科試験について

学科試験と試験時間

学科試験には、一般科目(小型船舶操縦者の心得及び遵守事項、交通の方法、運航)と上級科目(上級運航I、上級運航II)があり、二級は一般科目を受験します。

試験時間は、二級は1時間10分です。ただし、既に操縦免許を受有している方や海技士資格をお持ちの方は、一部の受験科目が免除され、試験時間も短縮されます。

配点と合格基準

  小型船舶操縦者の
心得及び遵守事項
交通の方法 運航 合計
科目の配点 120点 140点 240点 500点
配点合計 一般科目 500点
合格基準
(全て満たすこと)
12問中6問以上 14問中7問以上 24問中12問以上  
一般科目 50問中33問以上

 

実技試験について

実技試験は、5トン未満の試験船を使用して、原則として受験者3人に対し試験員1人で実施します。受験者1人に対する試験時間は、概ね30分前後です。

配点と合格基準

  小型船舶の取扱い 基本操縦 応用操縦 合計
科目別の配点 60点 120点 120点 300点

実技コース

受験資格

年齢 2級小型船舶操縦士  満15歳9ヶ月以上
視 力 両眼とも0.5以上であること。(矯正可)
(一眼の視力が0.5未満の場合、他眼の視力が0.5以上であり、かつ、
その視野が左右150度以上であること)
色覚 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。
(赤・緑・白の灯色の識別について検査します)
聴力 5m以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。
(補聴器可)
疾病及び
身体検査の障害
軽症で業務に支障をきたさないと認められること

料金表(受講料・受験料)

項目 2級船舶免許レギュラー
講習料(教材費含) 53,100円
試験・免許申請料 6,900円
登録免許税 1,800円
身体検査料 3,450円
学科試験料 3,550円
実技試験料 18,900円
消費税 4,800円
総  額 92,500円

 

 

Copyright (C) 2008 UMEDAKAIJI. All Rights Reserved.